弁護士に間に入ってもらえる

弁護士と天秤

結婚をしているパートナーが、自分以外の誰かと身体の関係を持っていると感じて、調べてみたことがある方もいるでしょう。その結果、パートナーが不倫していることが分かって、傷ついている状況もあるはずです。そのときは、パートナーの不倫相手に慰謝料を請求できるので、罪をしっかりと償ってもらいましょう。もちろん、慰謝料請求は自分で行うのではなく、法律の専門家の弁護士に頼む必要があります。自分一人で不倫相手に会って話をすると、感情的になってしまい、大きなトラブルになる可能性があるのでやめておきましょう。弁護士に間に入ってもらえば、冷静な話し合いができますし、慰謝料をできる限り多く請求するための手段を実行してくれます。

相談だけならば無料の場合も

ジャッジガベル

パートナーの浮気相手と闘う意思があるのなら、まずは不倫や浮気に強い弁護士事務所を探して相談するようにしましょう。それらに強い弁護士事務所でなければ、経験が少ないため、適切な慰謝料請求を行ってもらうことはできません。なお、慰謝料請求を頼むだけではなく、相談するだけでもそれなりに費用がかかるので、電話をかけるのもハードルが高いと感じる場合もあるはずです。しかし、現在ならば電話での相談は無料に設定しているところもあるため、不倫に悩んでいるのなら、とりあえずでも弁護士事務所に連絡を取ってみましょう。そうすれば、事情を聞いた上で、慰謝料請求をできる可能性を教えてくれるので、不倫相手に対してアクションを起こすかどうか決められます。もちろん、仕事を頼まないことを選択すれば、弁護士事務所に対して一銭も支払う必要はないため、無駄な費用が発生することもありません。

弁護士費用を把握した上で依頼をしよう

法律書

弁護士に依頼することが決まって、実際に動いてもらう場合は、まずは着手金の支払いが必要です。また、弁護士の話し合いの場に立ち会ってもらう場合も、時間あたりや一日あたりの費用が発生します。そして、無事に慰謝料請求が成功して、お金を支払ってもらえたのなら、そちらから計算した成功報酬を支払わなければいけません。これらの費用は、弁護士事務所によって異なるため、本格的な仕事の依頼をする前に確認するようにしましょう。費用を把握せずに仕事を依頼してしまうと、不倫相手から得られた慰謝料よりも、弁護士費用のほうが上回ってしまう可能性があります。そのため、しっかりと弁護士事務所を選んで、損をしない慰謝料請求をしてもらいましょう。

広告募集中